本文へ移動

自社製品紹介

モリンガプラス

【原料:モリンガ、にがり、コーヒー、バチルス菌】

・効果
微量要素の補給・免疫力向上・抵抗性向上・農薬使用量軽減

・詳細
健康食品として注目されるモリンガを主原料とした液状のバイオスティミュラント。90種類もの栄養素を含むモリンガにより微量要素を補給し健康な植物に。さらにモリンガには抗菌成分(イソチオシアネート類)も含まれておりその効果も期待。にがりの浸透圧、コーヒーに含まれるカフェインの効果も加わり、化学農薬の使用量を減らして身体に優しい農産物作りをサポート。

・使用方法 
週1回から10日に一回
葉面散布:300倍〜1000倍
灌水:10aあたり1000cc
展着剤との併用をおすすめします
*葉面散布では天敵ダニにも効果が現れてしまいます。天敵を使用する場合、使用の1週間前までならばモリンガプラスを葉面散布しても問題ありません。

どんとこい

【原料:海藻(コットニー)、モリンガ、バチルス菌】

・効果
発根促進、活着促進、樹勢回復、光合成促進

・詳細
海藻を主原料とする液状のバイオスティミュラント。海藻由来の強力な発根パワー。海藻に含まれるミネラル・ビタミン・アミノ酸等の補給もできる。モリンガ配合で効力向上。ストレスや環境変化に強い植物に。

・使用方法
週1回から10日に一回
葉面散布:500倍から1500倍
灌水:10aあたり500~1000cc

カカオちゃん

【原料:カカオ、モリンガ、バチルス菌】

・効果
抗酸化作用、生育促進

・詳細
カカオを主原料とした液状のバイオスティミュラント。カカオポリフェノールによる抗酸化作用により植物の抵抗力を強化。モリンガ配合により効力アップ。欠乏しやすい微量要素の補給も。植物本来の力を引き出し収量増、品質向上につながる。

・使用方法
葉面散布:500倍〜1000倍
灌水:10aあたり1000cc
*カカオの油分で受粉阻害の恐れがあります。花が咲いてからの葉面散布はお控えください。

糖蜜プラス

【原料:糖蜜、バチルス菌】

・効果
地温上昇、微生物増加、光合成促進

・詳細
自然由来の糖分・ミネラル補給。バチルス菌を入れ1年間寝かせ繁殖済み。微生物が活発に動くことによる地温上昇効果、光合成促進、食味向上。

・使用方法
葉面散布:1000倍以上
灌水:10aあたり2L

畑ちがい

【原料:米糠、海藻、モリンガ、カカオ、糖蜜、バチルス菌】

・効果
発根促進、土壌改良、微生物の繁殖促進、植物活性

・詳細
作物の生育に必要とされる微量要素を総合的に含む100%有機のペレット状バイオスティミュラント。植物が元気になり収量増・食味向上・品質向上に。さらにストレスや環境から受けるダメージにも強く。

・使用方法
施設栽培:10aあたり20袋
露地栽培:10aあたり10〜20袋
水田:10aあたり2〜4袋

こだわりの原料

モリンガ

熱帯・亜熱帯で広く栽培されている植物です。90種類以上の栄養素、46の抗酸化物質を含み、成人病予防や免疫力アップ、ダイエット効果など多くの効能があるとされています。原産地では「Miracle Tree (奇跡の木)」とも呼ばれ、病気予防として摂取されています。

近年では、日本でも沖縄や九州の温かい地域で栽培され始め、お茶にして飲まれていたり、タブレットとして販売され健康食品として注目されています。

人に効果があるのならば植物にも効果があるのではないかという考えから、当社ではモリンガを農業資材の中に入れ始めました。実際のお客様からの声を聞くと、作物が病気にかかりにくくなり、結果的に収量増や食味向上につながるようです。

カカオ

チョコレートの原料であるカカオ。豊富に含まれるカカオポリフェノールには抗酸化作用があり、動脈硬化や美容にも良いとされ近年では高カカオチョコレートが多く販売されるようになりました。当社はこのポリフェノールに目をつけ農業資材として原料に取り入れることを始めました。また、食用として使えない部分だけではなく、本来チョコレートとして食用に使用できる部分も含めて原料にしているため高い栄養価を得ることができます。
カカオを使った資材の効果としては、抗酸化作用による植物細胞の老化防止で収穫物の痛み防止、植物が元気になることによる免疫力の向上などが挙げられます。
TOPへ戻る